ビジネス戦略本の読み方

数年前に熱中したビジネス戦略本「オープン&クローズ戦略(小川紘一著)」を再読しています。きっかけは、「情報経済の鉄則(カール・シャピロ他著)」という1990年代の戦略本を手に取ったことでした。

2つの本で語られる知的財産管理の戦略は、ほぼ共通しています。

<攻守をバランスさせての収益最大化戦略>

自社のコア技術を守るための守りの知財管理手法と、自社のコア技術を普及させるための攻めの知財管理手法とをバランスさせて行うことで市場から得る利益を最大化するという戦略です。

攻めの知財管理手法を使うと、その商品の市場は成長するが、一方で商品のコモディティ化が進み、利益率が低減する。

守りの知財管理手法を使うと、その商品の市場成長が遅れるが、一方で競合商品を抑え、利益率を高く維持できる。

だから、2つの手法をミックスした利益最大化パターンを作りましょうと書かれています。ここまでは、異論はないし、日々の仕事に生かしたいと思いますが、冷静に考えると当たり前の手法です。

<解釈次第の事例>

「情報経済の鉄則」でIBMのCPU複数調達によるコモディティ化失敗の例が取り上げられているのですが、「オープン&クローズ戦略」で同じ事例が、インテルの成功例として取り上げられています。この成功例の記述は、読書体験という観点からは魅力的部分ですが、無批判に受け入れると、実務家にとってはミスリーディングを招く危険な部分だと思います。起業家であったら、うっかりインテルを目指したくなる部分でしょう。

CPUという守りの知財管理で固めた商品を、攻めの知財管理で固めたPCIバスでパソコン本体をコモディディ化して、インテルCPUの運搬車に仕立て上げて世界市場に普及させた成功例です。パソコン全体ではコモディティ化する一方でCPUの値段は低下していませんでした。

美しい完成形ですが、こうすれば成功できるというパターンとしてクライアント様に紹介できるのだろうか?

当時、元祖PCであるIBMも別規格のバスを発表し、対抗手段を取っておりました。AMDも育ってきておりました。CPUがコモディティ化する世界もあり得たように思えます。

インテルのCPU+PCIバスで製造されたパソコンが、IBMなどからのブランド品に劣っていたら、インテルのオープン&クローズ戦略は、機能しなかったでしょう。

パソコン本体が差別化を決するコア領域となって、CPUは一つの部品に過ぎず、インテルを筆頭に複数のメーカーがしのぎを削る世界もあり得たのでは?などと色々に想像されます。

オープン&クローズ戦略の理論により予め設計されたパターンよる成功と解釈するのもよいのですが、インテルが、CPU+PCIバスで十分に高性能なパソコンを作れる環境を提供できる圧倒的に優れた技術力があって、その環境が世界中の後発パソコンメーカーを引きつけ、後発パソコンメーカーであってもインテルインサイドであれば、受け入れるユーザーがいたから成功したと解釈してもよいと思います。

* 当時の私の個人的感想ですが、IBMパソコンはそれなりにブランド化できていたように思います。しかし、微妙にコスパに劣っていたとも感じていました。パソコンの性能=構成のCPU=インテルCPUという刷り込みはかなり効いていましたので、インテルCPUを使っているノンブランドモデルや自作PCで十分に満足できていました。

特許の顔:変化する評価

「何のために出願されるのですか?」

新規のクライアント様にタイミングを見計らってする質問です。

予算を確保して、大切な時間を割いていただいたアイデアマンであるクライアント様にいささか失礼な問いかけをするわけですが、理由があります。

 

特許の文章(以下、特許文という)は、読む人によってその価値が大きく変わるからです。

 

 様々に顔を変える特許文

IMG_0419IMG_0409IMG_0414

 

続きを読む

古墳が発明になる瞬間

前方後円墳を墓としてみるならば、前方後円はデザインですが、視点を変えると発明になります。

 

関東には珍しいとされる前方後円墳が逗子市と葉山町との境の山にあります。発想の源泉を求めて山登りをしてきました。

IMG_0682

 

古墳に見つけた用途発明の源泉

続きを読む

AIは弁理士の仕事を奪うのか?

10年~20年後に80%以上の確率で弁理士もAIで代替される!

 

中央公論4月号の特集記事で取り上げられた英オックスフォード大学と野村総研との共同研究の試算ではこのようになっています。

 

弁理士の主要な仕事が、法律や審査基準に基づく決まり事や形式を満たす知識を要求している点に着目して試算されたのでしょう。

 

実は、私は「AIが仕事をやってくれるなら、こんないい時代はない」と密かに思っておりました。元々、AIのベンチャー企業に在籍していたこともあり、自らの仕事をルーティン化して、仕事の質とスピードを上げたいと考え、仕事の手順、計画、時間管理にかなりの労力を割いています。そうした労力の成果をAIに吸収してもらい、私には思いも付かなかったノウハウを生み出してほしいものです。

 

高確率でAI代替ができるというなら、今の内にAIへの代替を前提とした特許事務所を考えてみるのも悪くありません。

 

弁理士業務のAI代替でまず考えたこと

続きを読む

©マークを付けると何かいいことありますか?

「©マークを付けると何かいいことありますか?」という質問をよく耳にします。

 

©マークを付けて、このコンテンツをアップした年と名前を入れておくと、それを使いたい人から連絡がきて、何かのチャンスに繋がるかもしれませんよ。ともかくも、このコンテンツを勝手に使わないでねという意思表示にはなります、というのが実用的な答えです。

 

「©マークを付けないと、著作権を主張できないですか?」

続きを読む

著作権が生まれる時

「©マークがついてない画像は、使ってもいいんですか?」

 

専門家としての標準的答えは、「安易に使ってはダメです。著作権フリーかどうか確認しましょう。」といったところでしょう。これは、実用的答えになっていないですよね。実用的な確認方法がないのですから。

 

ところで、下の写真は、著作権の観点から使っていいと思いますか?

Macaca_nigra_self-portrait_large

続きを読む

近未来小説:2025年の知財権 最終回

AIの知能

 

人間の知能にあってAIにない能力は、パターン認識と常識的判断と考えられてきました。医療画像の診断、会計処理の申告書作成、銀行の融資審査、弁護士の判例調査、著作権侵害の調査そしてニュース記事の作成など反復作業するだけの人の仕事は大部分ロボットに置き換えられてしまいました。

しかし、ゴミ収集員、警察官、弁護士の法廷弁論、弁理士の明細書作成そして作家の仕事などは人間の仕事として残っています。これらの仕事は、パターン認識と常識が必要であり、これまでAIが苦手としてきたからでした。

作機28号はパターン認識機能と常識的判断機能とを備えているようですね。受賞したという事実から考えても、人間の知能のレベルに追いついてきていると判断してよいでしょう。それでも、現行の著作権法において、AIの知能的活動の成果を保護対象と解釈する余地はないでしょう。著作権法で定義された著作物は、人間の「思想又は感情」を表現したものだからです。

 

AIの人権

続きを読む

近未来小説:2025年の知財権 第2回

2025年の作機

 

作機28号への仕事の依頼は簡単である。

音声と画面で作品の仕様を尋ねてくるので、答えていけばよいのだ。

 

落ちは悲劇か喜劇か?

主人公は、神、英雄、普通より優れた人、普通の人、劣った人のいずれか?

主題は何?

プロットは何?

・・・・・・・?

・・・・・・・・・?

 

これら対話で答えた項目、僕の知らないネットワーク経由で収集された素材、素材に係る物語など1万以上の次元の項目から、物語の構造と構造に収まる「文字という記号」が出来上がり、アウトプットされる。

 

落ち、主人公、主題、プロット、収集された素材、その物語などは、すべて個別のノードとして扱われ、それぞれの項目からは他の項目へと、あるいは別の層(隠れ層)のノードへと接続していく。

 

その隠れ層のノードは、さらに別の隠れ層のノードに接続していく。各ノードは、それぞれエネルギー関数をもっていて、それぞれに繋がれた他のノードからの入力によって活性化され、さらに他のノードに出力する。

 

最後の層のノードについては、その層の活性化されたノードが作る幾何学模様の美しさを評価し、創造スコアを出していく。

 

作家としての創造性は、その時代の価値観を反映し、時間に対して相対的ものであるから、情報収集して創造スコアも相対的に変化するようにするところが作機開発のポイントである。筆は相当に速く、1万文字程度のショート・ショートの作品に設定しておけば、3分で3作品が出来上がる。

 

まだまだ試作の段階で、3つに一つは、かなり創造性のレベルが低い印象だ。3つに一つは、それなりに満足できるレベルである。

 

僕の感性だけでの創造性判断では客観性に欠けるので、検証が必要であった。そうした検証の一つであるS氏賞に受賞したのだ。

 

弁理士に相談

続きを読む

2025年の知財権 第1回

(これは、次世代知的財産制度が時代に追いついていけなかったときを想定した架空の物語です。)

著作物  思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。

_____著作権法2条1項1号

 

保護を受ける著作物 日本国民(わが国の法令に基づいて設立された法人及び国内に主たる事務所を有する法人を含む。以下同じ。)の著作物

_____著作権法6条1号

 

2025年、知的財産法は、改正が繰り返されながらも、保護対象とする知的財産とは人間の知能的活動によって生み出された成果物であるというスタンスを未だ維持していた。

 

 受賞

 

S氏賞を受賞してしまった。 続きを読む

拒絶理由通知書(2)

 

前回、特許庁からの拒絶理由通知書を米国風にファースト・アクション(First Action)と呼んだ方が実態に即していると述べました。出願の権利化という観点から拒絶理由通知書を別の呼び方をしてみたいと思います。

審査のハンドル

審査のハンドル

続きを読む